Language
Menu

イベントレポート イベントレポート

Event Report

東アジア文化都市2017長沙(中国)開幕式典

2017年4月19日(水)に,長沙市の開幕式典が開催され,植村哲京都市副市長を団長とする行政団と,文化交流使節団が参加しました。会場となった長沙市人民大会堂には,長沙市民をはじめ,日韓開催都市代表団,主催関係者,市内の日韓留学生など約1400名が集いました。

finale

water

 

 

 

 

 

uemura

 

 

 

 

 

式典では,植村副市長から「今回初めて3都市共通のテーマを採用した。都市が育む強い絆は,東アジア,世界の平和的発展にも大きく貢献するものと確信している。」として,本事業に向けた決意を述べました。

その後,京都市,大邱広域市,長沙市の舞台公演があり,京都市からは祇園東の舞妓2人による「祇園小唄」,タップダンスの姉妹ユニット華-puspaによる「かぐや姫」,そして箏演奏者の横山佳世子氏による箏の演奏を披露しました。箏演奏は,ソロの他,日中韓の三国の箏の合奏も披露され,会場を沸かせました。

華-puspa

華-puspa

京の舞妓

京の舞妓

横山佳世子氏

横山佳世子氏

日中韓箏の共演

日中韓箏の共演

長沙カンフー団による雑技

長沙カンフー団による雑技

大邱の公演「花扇舞」

大邱の公演「花扇舞」

 

 

 

 

 

 

また,開幕式に合わせ,前日の18日夜には長沙市民族楽団(中国の民族楽器によるオーケストラ)による,日中韓の友好締結と文化交流の新楽章を奏でると題した,日中韓の民族音楽コンサートが開催されました。


concert

 

 

 

 

 

翌19日午前には,長沙市図書館内に新設された,東アジア文化都市の資料や日韓の書物を所蔵する「東アジア文化都市文献資源センター」の除幕式と中国国内の図書館関係者等約1,100名が集まる「中国図書館第11回全民読書フォーラム」が開催され,京都市からも,市内の図書館の利用状況や読書推進の取組について発表しました。

東アジア文化都市文献資源センター除幕式

東アジア文化都市文献資源センター除幕式

東アジア文化都市文献資源センター除幕式

東アジア文化都市文献資源センター除幕式

中国図書館第11回全民読書フォーラムでの京都市からの発表

中国図書館第11回全民読書フォーラムでの京都市からの発表

 

■文化交流使節団(京都市)※敬称略

・京の舞妓(東アジア文化都市2017京都交流大使) 祇園東 富久春(ふくはる),雛佑(ひなゆう)

舞踊はもとより,三味線や鼓,長唄などの伝統伎芸や伝統文化を守り伝える祇園甲部,宮川町,先斗町,上七軒,祇園東の京都の五花街の舞妓を「京の舞妓」として交流大使に任命しました。中国,韓国の式典での出演等を通じて,京都の文化芸術,伝統工芸,おもてなしの心などを伝えるとともに,本事業を国内外に広くPRする。

・横山佳世子(箏演奏者)

東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。2008年度京都市芸術文化特別奨励者,2012年度文化庁芸術祭音楽部門 芸術祭賞優秀賞,京都市芸術新人賞など数々の賞を受賞。現在は,鳴門教育大学非常勤講師として,教授活動と普及活動に尽力している。

・華-puspa(タップダンス)

京都市出身の中西浄華,中西優華の姉妹によるタップダンスユニット。2014年Dance World Cup 2014 World Finals in Portugalに初挑戦。Open Duet/Trio Tap部門で優勝し,Tap部門日本人初の金メダリストとなった。また,2016年3月にイタリア国際バレエコンクールに初出場。Professional Contemporary部門にて,優華がTop5賞,浄華は見事1位に輝いた。


						
																		
						
						
						
						

					
ページトップへ